エネルギー理論

2017-10-04

自分のために書いているブログなので、文章量も少ないし文体や読みやすさとかも気にせず書いてるので、そんなに時間をかけずに適当に書けるはずなのだけど、最近全然書けてない。

上手く説明するのが難しいのだけど、精神的に忙しい時は例え時間は捻出出来るとしても書くことができない。僕はこれを20代前半の頃からエネルギー理論と呼んでいる。

簡単に言うと、エネルギーの総量は人それぞれ決まっていて、何をするにもそのエネルギーを消費して活動する。自分的に辛いことをすると減りが早くて、楽チンな作業とかだとほとんど減らない。日中の仕事内容が減りが早い仕事だと、例え定時に帰ったとしてもエネルギーが無いので、もうブログ書く余裕が無いのだよ。

減ったエネルギーは睡眠で回復はするが、質の悪い睡眠だとあまり回復しない。なので睡眠の質を上げることは重要。もちろん睡眠時間も。

エネルギーの総量はもしかしたら運動とか筋トレとかすると増えるのかもしれない。あとはブラック企業経験とかで修羅場くぐりまくってたりとか。

夜にはエネルギーが無くなってしまって勉強をしなくなるとプログラマとしてほぼ成長しないのが、本業がプログラマじゃない人間の辛いところ。